日本政治の考察
by priestk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク集
フォロー中のブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映像の世紀(1)20世紀の幕開け
b0024065_249167.jpg

1995年にNHKで放送された有名な歴史ドキュメンタリー作品。
90年代におけるNHKドキュメンタリーの最高傑作といっていい。
以下、内容の要約をamazonのレビューから抜粋させていただく。
リュミエール兄弟がシネマトグラフを発明し、人類が動く映像を記録するという術を得たのが19世紀末。20世紀はその幕開けとともに動く映像として歴史を記録することが可能になった最初の世紀となった。
映像というメディアが、やがて発達・浸透していくなかで歴史に大きくかかわり、世界を動かす程に巨大な存在となっていく過程を含め、「映像の世紀」と呼ぶにふさわしい20世紀の記録映像を世界30ヶ国以上、約200ヶ所の資料館から発掘・収集して構成された本シリーズ。

ここからは僕の感想。 
歴史の圧倒的な大波に翻弄されてゆく人々の姿が悲しく、観るたびに涙がこぼれる。
戦争にむかって動き出した巨大な歯車は、誰にも止められないのか。

初めて観たときは高校生だった。家族に泣いているところをみられるのがいやで、部屋に閉じこもって観ていたことを思い出す。
加古隆の名曲、「パリは燃えているか」が歴史の犠牲者たちへの鎮魂歌のように心に沁みる。

みなさんは、いつ、どんな風にこの作品をご覧になったのだろうか?
[PR]
by priestk | 2004-09-12 03:07 | 雑談
<< 政治学「超」勉強法・実践編 自民党内、台風政局のゆくえ >>