日本政治の考察
by priestk
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バーとB'zとジャパニーズ・ポップスの起源(書評:兵藤裕己『<声>の国民国家・日本』)
昨夜は友人とひさしぶりにバーへ行った。
迷路のような細い路地をぬけ、雑居ビルの二階へ。
照明はかなり暗いが、バーテンダーの方は明るく丁寧。
b0024065_137345.jpg

気をよくして友人と飲み語らううち、話題はジャパニーズ・ポップス論へと展開する。

僕「ジャパニーズ・ポップスってさ、R&Bとかヒップホップとか海外の音楽を取り入れるけど、それはメロディを輸入してるだけなんだよな」

友人「そうそう、日本に輸入された途端、歌詞が甘いラブソングになって、女々しいんだよ。完全に演歌だな」

僕「『君がいなくては生きていけない~』ってのばっかだ。このメンタリティは世代を超えてるよ。サザン、ミスチル…」

友人「例外はある。B'z。彼らは意識的に演歌的な歌詞を避けて作曲してるんだ。『さまよえる蒼い弾丸』とか」

僕「でも売れているのはちがう曲でしょ」

友人「そうなんだ、『アローン』とか、ド演歌(笑)」

さて、ここで当然の疑問がわいてくる。
演歌的としかいいようがない義理人情を好む日本人の音楽体質は、
なぜ、どのようにして形づくられてきたのか。
この疑問へのとっかかりを与えてくれるのが、次の本である。

兵藤裕己『<声>の国民国家・日本』日本放送出版協会、2000年。
b0024065_1351224.jpg


以下、著作の表紙の裏書から抜き出す。
--------------------------------------------------------
「浪花節の<声>が創る心性の共同体」
日本が近代国家としてスタートするにあたり、
天皇を親とする"日本人"の民族意識を形作ったのは、
近代的な法制度や統治機構などではなく、
浪花節芸人の発する"声"だった。
彼らの語る、忠君愛国、義理人情、無宿渡世のアウトローの物語は、
政治から疎外された人々を、異様な陶酔と昂揚に巻き込み、
無垢で亀裂のない心性とモラルの共同体へとからめとる。
浪花節の<声>という視点に立ち、
近代日本の成立を問い直す問題の書。
--------------------------------------------------------

以下は僕の感想。
日本人が、自分のことを「日本人」であると意識し始めたのはいつ頃か?
これは興味のつきないテーマである。
卑弥呼の時代から日本人意識はあったかもしれない。
ひらがなの発明が日本人としての自己意識の確立という説もある。
明治以降の戦争と新聞によって、大衆レベルにまで民族意識が共有化されたという説も有力だ。

これに対して、兵藤氏は、浪花節こそが日本人の民族意識を形成したと主張する。
なかなかの奇説だ。
しかし、次々と提示される資料を目の当たりにすると、説得力がある。

昭和7年にNHKが行なった第1回全国ラジオ調査の、聴者の好む番組ランキング
では浪花節の人気が第一位で57パーセントを占めたという。
浄瑠璃などほかの大衆芸能を大きく引き離していた。

さて、今日の話題は、ジャパニーズ・ポップスの演歌的体質の謎だった。
日本で初めて電波にのった大衆芸能のうち、もっとも好評を博したのが、浪花節である。
一度かたちづくられた民族の音楽的体質は、そうそう変化するものではないはずである。
であるならば、浪花節のもつエートス(社会的心性)は、戦後の演歌へと引き継がれ、
そしてまたジャパニーズ・ポップスへと流れ込んでいるのではないか。

こう考えると面白くない?
[PR]
by priestk | 2004-09-18 01:34 | 政治・政治学書籍
<< 小泉首相の妥協(書評:バーナー... 政治学「超」勉強法・実践編 >>