日本政治の考察
by priestk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク集
フォロー中のブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


社説比較!小泉改造内閣
Excite エキサイト : 主要ニュース
「郵政シフト」、「森派偏重」、「身内優先」、「官邸外交強化」・・・。
小泉改造内閣の性格については、すでにさまざまな分析がなされてきた。
今回のエントリでは、小泉人事に関する朝日、読売、毎日の9月28日付社説を比較してみたい。

まず、なにが言いたいのかサッパリ見えてこないのが朝日の社説(「分からぬ幹事長選び」)だ。社説の結論とおぼしき部分からの引用。

>首相の方針や政策に逆らわない人々を政権の中枢に集め、政策を強力に進めようということだろう。首相の居心地はよかろうし、閣内に波風は立つまい。問題は、そうした顔ぶれで自民党内の抵抗を抑え込み、目に見える改革を実現できるかということだ。

で、なに?
政治部の記者が内閣改造の翌日に書いたにしては、なんとも薄っぺらな指摘ではないか。
自民党内の抵抗が予想されるのであれば、その時キーパーソンとなるのは誰で、いつごろ、どのように反乱の狼煙が上がるのか。そこまで踏み込まねば政局分析とはとても言えまい。

それでは内閣の政策に批判のメスを入れるのかといったらそれもない。郵政改革、北朝鮮外交、米軍基地再編などについて、内閣に一言の注文もつけないのだ。朝日は理想を失ったのか…。

朝日が唯一オリジナリティを発揮したのは、「参院選敗北の責任を取って辞任したなら、役職につかないのが筋だろう」と安倍晋三幹事長代理の進退に批判したことくらいか。

さて、読売の社説(「『小泉政治』をどう仕上げるのか」)も、なんだかボヤけている。

>自民党新三役の武部幹事長は小派閥の山崎派所属で、与謝野政調会長は無派閥だ。一見、弱体執行部にも見える。与党内の反発が強い場合、武部氏らが調整に手腕を発揮できるか、疑問もある。

おいおい、「一見」じゃなくて「圧倒的」に弱体執行部じゃないか。
なんと、読売が改造内閣の性格についてまともに分析したのはこの箇所くらいなのだ。
そして、おもむろに政策論に移る。

>川口前外相は民間出身の限界もあって、物足りない印象は否めなかった。衆院議員である町村外相の就任によって、政治が名実ともに責任を持つ外交の展開を期待したい。北朝鮮に対しても、日本の安全が脅かされるなら、経済制裁も辞さない、筋を通した姿勢が必要だ。

出た。読売節、炸裂である。返す刀で、

>連立のパートナーである公明党は、憲法改正、消費税率引き上げのいずれにも消極的だ。小泉政権の基本政策が公明党との調整によって、内容が希薄化する可能性がある。

と、公明党をけん制。
読売、プロ野球の選手会批判でも見せたように、威勢だけはいい。だが、政策論中心で政局解説がわずか、とはどういうことか。まあ社説としては一応「可」だ。

最後に健闘するのは毎日(「守勢目立つイエスマン政権」)だ。タイトルを見ただけで分かるように、中身もなかなかの喧嘩腰だ。まず、毎日は小泉首相の人事が苦肉の選択だったとケチをつける。

>首相の本音は、安倍晋三氏の続投だったといわれる。しかし、安倍氏が固辞してシナリオが狂った。反主流派の古賀誠氏ら党内実力者を起用し、党内融和を重視する道を選べば、「改革抵抗勢力との妥協」と国民に受け止められる恐れがある。さりとて、改革積極派には適任者がなかなか見つからない。そんな手詰まりの中での武部氏起用ではなかったか。

ここの分析は、おおむねうなずける。しかし、古賀氏起用は論外としても、額賀氏を選らばなかったのは、党内融和を拒否したというよりも、彼が叩けばいくらでもホコリが出る人物だからではないか。

>首相は今回、……中略……「中2階」組を排除した。そこに、「ポスト小泉」をうかがう反主流派、非主流派を徹底的に封じ込める意図を感じないわけにはいかない。

これもそのとおりだろう。
いいではないか。小泉首相は、21世紀初頭の日本が生んだ、マキャベリ宰相ということだ。
毎度の事ながら、政局を見る小泉首相のセンスは大したものだ。

>首相は国民的人気がある安倍氏が党や内閣の要職を外れ、首相と距離を置き始めるのを恐れたのではなかろうか。

安倍氏が首相と距離を置く……。断言はできないが、僕はそれはない、と見る。橋本派を根絶やしにしようという小泉首相の執念は想像を絶している。安倍氏に禅譲し、「森派支配」を確立してこそ、彼の野望は達成されるのではないか。

さて、毎日は改造内閣の性格を次のように結論付ける。

>内向きに郵政民営化の踏み絵をつきつけた結果が、「軽量イエスマン」政権だった。「改革実現内閣」というには何とも頼りなげなスタートではないか。

「軽量イエスマン政権」か……まるで日刊ゲンダイか夕刊フジレベルのネーミングだが、いわんとするところはよく分かる。

結局、朝日、読売、毎日のうち、最もパンチが効いていたのは毎日だった。
[PR]
by priestk | 2004-09-29 03:21 | 政局・選挙
<< 産経の意見も聞いてみよう!小泉... 小サプライズ。内閣改造 >>