日本政治の考察
by priestk
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク集
お気に入りブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


産経の意見も聞いてみよう!小泉改造内閣の評価
Excite エキサイト : 主要ニュース

checktyさんから、産経の社説についてご質問をいただいたので、先ほど読んでみた。
9月28日付の産経社説のタイトルは、「小泉改造内閣 基軸ぶれない外交に期待」である。結論から言うと、刺激は足りないが社説としては悪くない、といったところ。例えるなら古馴染みの飲み屋に行った気分。

具体的に産経の社説を分析してみよう。まず、驚くべきは、四紙(朝日・読売・毎日・産経)のうち唯一、産経だけが小泉改造内閣を明確に評価していることだ。

評価できるのは、日本の平和と安全を担う外交・安全保障の陣容を強化したことだ。また郵政民営化などの小泉構造改革を仕上げる政府・与党の態勢も一応整った。

まず、政策面については、外交・安全保障の陣容が強化されたと手放しで賞賛している。町村外務大臣、大野防衛庁長官の起用に対する期待も高い。
党三役には知名度や清新さに物足りなさは残るが、派閥均衡を無視した小派閥や無派閥からの異例の起用によって首相は「小泉流」を貫いた。

毎日・朝日がケチをつけ、読売すら懸念を表明した今回の「狂牛病幹事長」の起用。これについても、産経は、「小泉流」をつらぬいたのはエライと褒め上げる。

まあ、ここまではいい。小泉内閣を評価するかしないかは、記者の価値観に基づくものだから。僕が問題にするのは、政治的に実現可能なことと不可能なことを見極めるセンスの有無だ。そういう観点からすると、次の一節はいただけない。
三役に望みたいのは、自民党立党の原点に立ちかえることだ。結党時の党是である「現行憲法の自主的改正」をいかに実現するかが党勢回復のカギであろう。

出た。産経節、炸裂。自己願望を現実とすり替えてしまっている。
第一に、憲法改正が党勢回復つながるという根拠を示していない。
第二に、米軍と自衛隊の軍事的一体化が進みつつあり、米政府高官から憲法改正を要請されている現状で、なにが「自主的改正」なのか。

・・・おっと、ついつい興奮してしまった。

僕の主観で9月28日付朝刊の社説に得点をつけると、こんな印象である。
朝日:★★
読売:★★★
毎日:★★★★
産経:★★★

おそまつさまでした。
[PR]
by priestk | 2004-09-30 01:21 | 政局・選挙
<< 民主はどうずれば山拓復活を阻止... 社説比較!小泉改造内閣 >>