日本政治の考察
by priestk
リンク集
フォロー中のブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
産経の意見も聞いてみよう!小泉改造内閣の評価
Excite エキサイト : 主要ニュース

checktyさんから、産経の社説についてご質問をいただいたので、先ほど読んでみた。
9月28日付の産経社説のタイトルは、「小泉改造内閣 基軸ぶれない外交に期待」である。結論から言うと、刺激は足りないが社説としては悪くない、といったところ。例えるなら古馴染みの飲み屋に行った気分。

具体的に産経の社説を分析してみよう。まず、驚くべきは、四紙(朝日・読売・毎日・産経)のうち唯一、産経だけが小泉改造内閣を明確に評価していることだ。

評価できるのは、日本の平和と安全を担う外交・安全保障の陣容を強化したことだ。また郵政民営化などの小泉構造改革を仕上げる政府・与党の態勢も一応整った。

まず、政策面については、外交・安全保障の陣容が強化されたと手放しで賞賛している。町村外務大臣、大野防衛庁長官の起用に対する期待も高い。
党三役には知名度や清新さに物足りなさは残るが、派閥均衡を無視した小派閥や無派閥からの異例の起用によって首相は「小泉流」を貫いた。

毎日・朝日がケチをつけ、読売すら懸念を表明した今回の「狂牛病幹事長」の起用。これについても、産経は、「小泉流」をつらぬいたのはエライと褒め上げる。

まあ、ここまではいい。小泉内閣を評価するかしないかは、記者の価値観に基づくものだから。僕が問題にするのは、政治的に実現可能なことと不可能なことを見極めるセンスの有無だ。そういう観点からすると、次の一節はいただけない。
三役に望みたいのは、自民党立党の原点に立ちかえることだ。結党時の党是である「現行憲法の自主的改正」をいかに実現するかが党勢回復のカギであろう。

出た。産経節、炸裂。自己願望を現実とすり替えてしまっている。
第一に、憲法改正が党勢回復つながるという根拠を示していない。
第二に、米軍と自衛隊の軍事的一体化が進みつつあり、米政府高官から憲法改正を要請されている現状で、なにが「自主的改正」なのか。

・・・おっと、ついつい興奮してしまった。

僕の主観で9月28日付朝刊の社説に得点をつけると、こんな印象である。
朝日:★★
読売:★★★
毎日:★★★★
産経:★★★

おそまつさまでした。
[PR]
by priestk | 2004-09-30 01:21 | 政局・選挙
社説比較!小泉改造内閣
Excite エキサイト : 主要ニュース
「郵政シフト」、「森派偏重」、「身内優先」、「官邸外交強化」・・・。
小泉改造内閣の性格については、すでにさまざまな分析がなされてきた。
今回のエントリでは、小泉人事に関する朝日、読売、毎日の9月28日付社説を比較してみたい。

まず、なにが言いたいのかサッパリ見えてこないのが朝日の社説(「分からぬ幹事長選び」)だ。社説の結論とおぼしき部分からの引用。

>首相の方針や政策に逆らわない人々を政権の中枢に集め、政策を強力に進めようということだろう。首相の居心地はよかろうし、閣内に波風は立つまい。問題は、そうした顔ぶれで自民党内の抵抗を抑え込み、目に見える改革を実現できるかということだ。

で、なに?
政治部の記者が内閣改造の翌日に書いたにしては、なんとも薄っぺらな指摘ではないか。
自民党内の抵抗が予想されるのであれば、その時キーパーソンとなるのは誰で、いつごろ、どのように反乱の狼煙が上がるのか。そこまで踏み込まねば政局分析とはとても言えまい。

それでは内閣の政策に批判のメスを入れるのかといったらそれもない。郵政改革、北朝鮮外交、米軍基地再編などについて、内閣に一言の注文もつけないのだ。朝日は理想を失ったのか…。

朝日が唯一オリジナリティを発揮したのは、「参院選敗北の責任を取って辞任したなら、役職につかないのが筋だろう」と安倍晋三幹事長代理の進退に批判したことくらいか。

さて、読売の社説(「『小泉政治』をどう仕上げるのか」)も、なんだかボヤけている。

>自民党新三役の武部幹事長は小派閥の山崎派所属で、与謝野政調会長は無派閥だ。一見、弱体執行部にも見える。与党内の反発が強い場合、武部氏らが調整に手腕を発揮できるか、疑問もある。

おいおい、「一見」じゃなくて「圧倒的」に弱体執行部じゃないか。
なんと、読売が改造内閣の性格についてまともに分析したのはこの箇所くらいなのだ。
そして、おもむろに政策論に移る。

>川口前外相は民間出身の限界もあって、物足りない印象は否めなかった。衆院議員である町村外相の就任によって、政治が名実ともに責任を持つ外交の展開を期待したい。北朝鮮に対しても、日本の安全が脅かされるなら、経済制裁も辞さない、筋を通した姿勢が必要だ。

出た。読売節、炸裂である。返す刀で、

>連立のパートナーである公明党は、憲法改正、消費税率引き上げのいずれにも消極的だ。小泉政権の基本政策が公明党との調整によって、内容が希薄化する可能性がある。

と、公明党をけん制。
読売、プロ野球の選手会批判でも見せたように、威勢だけはいい。だが、政策論中心で政局解説がわずか、とはどういうことか。まあ社説としては一応「可」だ。

最後に健闘するのは毎日(「守勢目立つイエスマン政権」)だ。タイトルを見ただけで分かるように、中身もなかなかの喧嘩腰だ。まず、毎日は小泉首相の人事が苦肉の選択だったとケチをつける。

>首相の本音は、安倍晋三氏の続投だったといわれる。しかし、安倍氏が固辞してシナリオが狂った。反主流派の古賀誠氏ら党内実力者を起用し、党内融和を重視する道を選べば、「改革抵抗勢力との妥協」と国民に受け止められる恐れがある。さりとて、改革積極派には適任者がなかなか見つからない。そんな手詰まりの中での武部氏起用ではなかったか。

ここの分析は、おおむねうなずける。しかし、古賀氏起用は論外としても、額賀氏を選らばなかったのは、党内融和を拒否したというよりも、彼が叩けばいくらでもホコリが出る人物だからではないか。

>首相は今回、……中略……「中2階」組を排除した。そこに、「ポスト小泉」をうかがう反主流派、非主流派を徹底的に封じ込める意図を感じないわけにはいかない。

これもそのとおりだろう。
いいではないか。小泉首相は、21世紀初頭の日本が生んだ、マキャベリ宰相ということだ。
毎度の事ながら、政局を見る小泉首相のセンスは大したものだ。

>首相は国民的人気がある安倍氏が党や内閣の要職を外れ、首相と距離を置き始めるのを恐れたのではなかろうか。

安倍氏が首相と距離を置く……。断言はできないが、僕はそれはない、と見る。橋本派を根絶やしにしようという小泉首相の執念は想像を絶している。安倍氏に禅譲し、「森派支配」を確立してこそ、彼の野望は達成されるのではないか。

さて、毎日は改造内閣の性格を次のように結論付ける。

>内向きに郵政民営化の踏み絵をつきつけた結果が、「軽量イエスマン」政権だった。「改革実現内閣」というには何とも頼りなげなスタートではないか。

「軽量イエスマン政権」か……まるで日刊ゲンダイか夕刊フジレベルのネーミングだが、いわんとするところはよく分かる。

結局、朝日、読売、毎日のうち、最もパンチが効いていたのは毎日だった。
[PR]
by priestk | 2004-09-29 03:21 | 政局・選挙
小サプライズ。内閣改造
Excite エキサイト : 主要ニュース
第2次小泉改造内閣の顔ぶれが固まったようだ。
まだ情報を収集している段階なので、一言だけ。

今回の内閣改造は、小サプライズだ。
竹中氏、麻生氏、谷垣氏、細田氏といった重要閣僚は閣内にとどまった。
これは十分に予測の範囲内だったといえる。

一方で、午前に発表された党三役人事は「サプライズ」といいうるだろう。
一昨日の段階で幹事長候補に上がっていたのは、額賀氏、中川氏、谷垣氏、古賀氏などであった。

そこに、BSEであれだけ叩かれた武部氏を出してくるとは、大半の人が予想していなかった(もちろん、私も)。

今回の人事の結果がどう出るか。
明日朝刊の分析なども踏まえた上で、近日中にコメントしてみたい。
[PR]
by priestk | 2004-09-27 17:43 | 政局・選挙
政界のジジたちに聞け(書評:中曽根康弘・宮沢喜一・後藤田正晴・野中広務・塩川正十郎『時事放談1』)
b0024065_4355181.jpg

中曽根康弘・宮沢喜一・後藤田正晴・野中広務・塩川正十郎『時事放談1』講談社、2004年。

1957年から1987年まで三十年間つづいた長寿政治番組、時事放談。
この番組が、今年4月からTBSにて復活した(たしか日曜のえらく早い時間帯)。
司会は、毎日新聞の大ベテラン記者・岩見隆夫氏。
この本は番組の第1回から第10回までを対談風に文章化したものだ。

中曽根康弘、宮沢喜一、後藤田正晴、野中広務、塩川正十郎。
見ていただきたい、この濃い顔ぶれを。
平均年齢は一体何歳なんだろうか。
これが本当のジジ放談、なんちゃって!とでもいうつもりか。

彼らは政治の現場を離れているわけだから、この本に刺激的なインサイダー情報を期待するのは間違いだ。
そうではなく、「熟練の老医師らによる、日本政治の健康診断」と考えれば俄然面白く読めてくるはずだ。

彼らの信条や、現役時代の業績はひとまず脇へおこう。
この本から汲み取るべきは、数十年間にわたり政治の舞台に立った者だけが獲得できる、政治を視るリアリズムである。

僕の敬愛する後藤田正晴氏は言う。
(大正時代のシベリア撤退の困難さを例にだした後)「武装部隊なんていうものを海外に派遣するときは、必ずどういう場合に撤収するのかという計画がなければいけませんね・・・中略・・・先行きのことを考えないで、まあともかくアメリカがやってくれというならやるわい、ということではちょっとおかしいんではないか」。
[PR]
by priestk | 2004-09-27 05:13 | 政治・政治学書籍
僕の山崎拓評価
Excite エキサイト : 政治ニュース
b0024065_15434110.jpg

(画像:山崎拓 公式ホームページより)

「自民党は昨年11月の前回選挙で古賀議員に敗れて落選した山崎拓前副総裁が立候補する構え。民主党も川端達夫幹事長が24日の記者会見で「できるだけ早い時期に候補者を確定させ、補選への対応をスタートさせたい」と表明した」(共同通信、9月24日)

山崎拓、ついに出馬の模様である。

世間でのウケはそれほどでもないらしいが、僕は山崎拓がなんとなく好きである。

彼の話は驚くほどつまらない。
学生時代、自民党本部で山崎氏の講演を聴く機会があったが、
亀井静香、小泉純一郎、そしてあの高市早苗と比べてもつまらなかった。
講演時間のほとんどを寝て過ごした。

また、僕はかれの政策に賛同しているわけではない。
「国際平和」のためと銘打った憲法改正論、「社会奉仕」を中心にすえた道義国家論、そして自由な競争社会の実現。
要するに日本をアメリカと軍事的、政治的、経済的にドンドン融合させてゆけば、日本は今後も平和で安泰だという議論で、ちょっと賛成しかねる。

しかし、山崎氏は政治家としては評価できるのである。

①(賛否は無論あるが)数十年後の日本のビジョンを持っている
②加藤紘一のようなハト派ともうまくやっていける柔軟性がある
③(負け戦の加藤の乱に付き合ったように)義理堅い

本人もいっているように、かれはカリスマ性やハデさに欠ける政治家だ。
しかし、僕はかれにそこはかとない魅力を感じている。
[PR]
by priestk | 2004-09-25 15:44 | 政局・選挙
それはマズイよ。古賀誠が幹事長に復活?
Excite エキサイト : 主要ニュース

「安倍氏の後任幹事長人事では、古賀元幹事長、谷垣財務相、麻生総務相、額賀政調会長の4氏が混戦模様。本来なら、額賀政調会長の幹事長横滑り、中川国対委員長の政調会長、亀井静香氏か小里貞利氏の総務会長が党内に波風のたたない順当な布陣とみられるが、旧橋本派をめぐる1億円の献金問題がネックとなり、額賀氏の幹事長起用に抵抗感もある模様。党3役人事によって、経済閣僚の人選も左右される見通し」(9月24日、ロイター)

僕は、一昨日の記事で、「もう一人の古賀議員」こと古賀誠元自民党幹事長について触れた。かれが入閣するかもしれない、というコメントをした。

しかし、後任幹事長に名前があがるとは!
まったく驚きである。

古賀元幹事長は、道路公団改革を失敗させたキーパーソンだ。
イラク特措法審議の際には、野中広務とともに敢然と採決を棄権した。

小泉首相!こんな人物を党の中枢にすえるのか!
古賀元幹事長!以前の自分の言動をどう思っているのか!

・・・なんて青臭いことをいうのは僕の趣味ではない。
だが、古賀氏がどういうポジションに就くかによって、小泉内閣の性質が大きく変化するであろうことは想像に難くない。
[PR]
by priestk | 2004-09-25 15:05 | 政局・選挙
北朝鮮のミサイル発射演習は「非合理的」か
Excite エキサイト : 政治ニュース
上記共同通信の記事によれば、小泉首相は「ミサイル発射の可能性は低い」という。
6カ国協議を目前に控え、日本からの援助を引き出そうというこの時期に、
威嚇的な行動をとるはずがない、という判断だろう。

だが、僕はこの見方にほんの少し不安をおぼえる。
僕は決して、北朝鮮が非合理的な国だから、なにをしでかすか分からない、といおうとしているのではない。
問題は、日本政府が北朝鮮内部の政治的対立をどの程度把握しているのか、だ。

日本政府の判断は、北朝鮮の国家的な意思決定プロセスが統一されていることを前提にして、導かれているように思える。
しかし、実態は、金正日、朝鮮労働党、軍、それぞれが独自の利害、思惑をもって動くといわれている(発展途上国ではよくある例だ)。

ミサイルを日本海に向けてぶっ放すことが、北朝鮮の「国益」を損なっても、
軍部が主導権を握るきっかけとなるなら、発射を「合理的」と判断する軍幹部がいるかもしれない。

「ミサイル発射の可能性は低い」
この発言が、北朝鮮内部の動きもつかんだ上でのものだと願いたい。
[PR]
by priestk | 2004-09-24 12:24 | 日朝関係論
内閣改造は4日後!「森派支配」の確立なるか
Excite エキサイト : 政治ニュース
最近、「古賀議員」といってピンとくるのは、民主党の古賀潤一郎衆院議員だが、もう一人の「古賀議員」の動きがにわかに注目を集めている。

古賀誠元幹事長・・・
森内閣では、野中広務の側近中の側近として活躍。
第二次森内閣では幹事長の重責を担うことになった男だ。
小泉政権発足後は、道路公団改革やイラク派兵に反発。
まさに抵抗勢力のキーパーソンであった。
しかし、ここ一年ほどは、派閥会長である堀内氏との折り合いが悪く、
ほとんど目立った活動を見せていない。

その彼が、上記の毎日新聞記事によれば、今回の内閣改造で
閣僚就任要請があった場合、引き受けるという。

古賀入閣は、小泉・青木・森ラインによる、あからさまな士志の会の分断作戦だ。
ポスト小泉候補には、あくまで安倍晋三幹事長をすえて、森・小泉・安倍へと続く「森派支配」を確立したいということなのだろう。

しかし、田中角栄が築きあげた「田中派支配」とは異なり、
「森派支配」にはあきらかな弱点が存在する。
旧田中派は、「カネ」という強固な接着剤で議員同士を運命共同体のように結びつけいていたのに対して、森派は「トップのカリスマ」という移ろいやすいリソースに依存している。

果たして、2年後も安倍氏のカリスマ性は衰えていないのだろうか?
前出の記事が指摘しているように、2年後、もし古賀誠元幹事長が野田聖子元郵政相の擁立に走ったらどうなるか。
野田総裁=初の女性首相の誕生というシナリオは、将来、自民党が民主党にとことんまで押されたとき、最後にとりうる「大逆転カード」である。
なにが起きるか、わからない。
[PR]
by priestk | 2004-09-23 23:39 | 政局・選挙
山崎拓、復活の時は来たれり
Excite エキサイト : 政治ニュース
古賀潤一郎衆院議員が辞職する見込みが強まっている。
当然、昨年の総選挙で苦杯をなめた、われらが山崎拓元衆議院議員の復活が、俄然現実味を帯びてくる。
小泉首相の右腕であり、憲法改正に執念を燃やす山崎氏が、再び政界の表舞台へ・・・。
かれが今後、政局と週刊誌をにぎわしてくれることを期待したい。
[PR]
by priestk | 2004-09-23 22:51 | 政局・選挙
内閣改造は4日後!「森派支配」の確立なるか
Excite エキサイト : 政治ニュース
最近、「古賀議員」といってピンとくるのは、民主党の古賀潤一郎衆院議員だが、
もう一人の「古賀議員」の動きがにわかに注目を集めている。

古賀誠元幹事長・・・
森内閣では、野中広務の側近中の側近として活躍。
第二次森内閣では幹事長の重責を担うことになった男だ。
小泉政権発足後は、道路公団改革やイラク派兵に反発。
まさに抵抗勢力のキーパーソンであった。
しかし、ここ一年ほどは、派閥会長である堀内氏との折り合いが悪く、
ほとんど目立った活動を見せていない。

その彼が、上記の毎日新聞記事によれば、今回の内閣改造で
閣僚就任要請があった場合、引き受けるという。

古賀入閣は、小泉・青木・森ラインによる、あからさまな士志の会の分断作戦だ。
ポスト小泉候補には、あくまで安倍晋三幹事長をすえて、
森・小泉・安倍へと続く「森派支配」を確立したいということなのだろう。

しかし、田中角栄が築きあげた「田中派支配」とは異なり、
「森派支配」にはあきらかな弱点が存在する。
旧田中派は、「カネ」という強固な接着剤で議員同士を運命共同体のように結びつけいていたのに対して、森派は「トップのカリスマ」という移ろいやすいリソースに依存している。

果たして、2年後も安倍氏のカリスマ性は衰えていないのだろうか?
前出の記事が指摘しているように、2年後、もし古賀誠元幹事長が野田聖子元郵政相の擁立に走ったらどうなるか。
野田総裁=初の女性首相の誕生というシナリオは、将来、自民党が民主党にとことんまで押されたとき、最後にとりうる「大逆転カード」である。
なにが起きるか、わからない。
[PR]
by priestk | 2004-09-23 22:35 | 政局・選挙