日本政治の考察
by priestk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク集
フォロー中のブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


僕の山崎拓評価
Excite エキサイト : 政治ニュース
b0024065_15434110.jpg

(画像:山崎拓 公式ホームページより)

「自民党は昨年11月の前回選挙で古賀議員に敗れて落選した山崎拓前副総裁が立候補する構え。民主党も川端達夫幹事長が24日の記者会見で「できるだけ早い時期に候補者を確定させ、補選への対応をスタートさせたい」と表明した」(共同通信、9月24日)

山崎拓、ついに出馬の模様である。

世間でのウケはそれほどでもないらしいが、僕は山崎拓がなんとなく好きである。

彼の話は驚くほどつまらない。
学生時代、自民党本部で山崎氏の講演を聴く機会があったが、
亀井静香、小泉純一郎、そしてあの高市早苗と比べてもつまらなかった。
講演時間のほとんどを寝て過ごした。

また、僕はかれの政策に賛同しているわけではない。
「国際平和」のためと銘打った憲法改正論、「社会奉仕」を中心にすえた道義国家論、そして自由な競争社会の実現。
要するに日本をアメリカと軍事的、政治的、経済的にドンドン融合させてゆけば、日本は今後も平和で安泰だという議論で、ちょっと賛成しかねる。

しかし、山崎氏は政治家としては評価できるのである。

①(賛否は無論あるが)数十年後の日本のビジョンを持っている
②加藤紘一のようなハト派ともうまくやっていける柔軟性がある
③(負け戦の加藤の乱に付き合ったように)義理堅い

本人もいっているように、かれはカリスマ性やハデさに欠ける政治家だ。
しかし、僕はかれにそこはかとない魅力を感じている。
[PR]
# by priestk | 2004-09-25 15:44 | 政局・選挙
それはマズイよ。古賀誠が幹事長に復活?
Excite エキサイト : 主要ニュース

「安倍氏の後任幹事長人事では、古賀元幹事長、谷垣財務相、麻生総務相、額賀政調会長の4氏が混戦模様。本来なら、額賀政調会長の幹事長横滑り、中川国対委員長の政調会長、亀井静香氏か小里貞利氏の総務会長が党内に波風のたたない順当な布陣とみられるが、旧橋本派をめぐる1億円の献金問題がネックとなり、額賀氏の幹事長起用に抵抗感もある模様。党3役人事によって、経済閣僚の人選も左右される見通し」(9月24日、ロイター)

僕は、一昨日の記事で、「もう一人の古賀議員」こと古賀誠元自民党幹事長について触れた。かれが入閣するかもしれない、というコメントをした。

しかし、後任幹事長に名前があがるとは!
まったく驚きである。

古賀元幹事長は、道路公団改革を失敗させたキーパーソンだ。
イラク特措法審議の際には、野中広務とともに敢然と採決を棄権した。

小泉首相!こんな人物を党の中枢にすえるのか!
古賀元幹事長!以前の自分の言動をどう思っているのか!

・・・なんて青臭いことをいうのは僕の趣味ではない。
だが、古賀氏がどういうポジションに就くかによって、小泉内閣の性質が大きく変化するであろうことは想像に難くない。
[PR]
# by priestk | 2004-09-25 15:05 | 政局・選挙
北朝鮮のミサイル発射演習は「非合理的」か
Excite エキサイト : 政治ニュース
上記共同通信の記事によれば、小泉首相は「ミサイル発射の可能性は低い」という。
6カ国協議を目前に控え、日本からの援助を引き出そうというこの時期に、
威嚇的な行動をとるはずがない、という判断だろう。

だが、僕はこの見方にほんの少し不安をおぼえる。
僕は決して、北朝鮮が非合理的な国だから、なにをしでかすか分からない、といおうとしているのではない。
問題は、日本政府が北朝鮮内部の政治的対立をどの程度把握しているのか、だ。

日本政府の判断は、北朝鮮の国家的な意思決定プロセスが統一されていることを前提にして、導かれているように思える。
しかし、実態は、金正日、朝鮮労働党、軍、それぞれが独自の利害、思惑をもって動くといわれている(発展途上国ではよくある例だ)。

ミサイルを日本海に向けてぶっ放すことが、北朝鮮の「国益」を損なっても、
軍部が主導権を握るきっかけとなるなら、発射を「合理的」と判断する軍幹部がいるかもしれない。

「ミサイル発射の可能性は低い」
この発言が、北朝鮮内部の動きもつかんだ上でのものだと願いたい。
[PR]
# by priestk | 2004-09-24 12:24 | 日朝関係論
内閣改造は4日後!「森派支配」の確立なるか
Excite エキサイト : 政治ニュース
最近、「古賀議員」といってピンとくるのは、民主党の古賀潤一郎衆院議員だが、もう一人の「古賀議員」の動きがにわかに注目を集めている。

古賀誠元幹事長・・・
森内閣では、野中広務の側近中の側近として活躍。
第二次森内閣では幹事長の重責を担うことになった男だ。
小泉政権発足後は、道路公団改革やイラク派兵に反発。
まさに抵抗勢力のキーパーソンであった。
しかし、ここ一年ほどは、派閥会長である堀内氏との折り合いが悪く、
ほとんど目立った活動を見せていない。

その彼が、上記の毎日新聞記事によれば、今回の内閣改造で
閣僚就任要請があった場合、引き受けるという。

古賀入閣は、小泉・青木・森ラインによる、あからさまな士志の会の分断作戦だ。
ポスト小泉候補には、あくまで安倍晋三幹事長をすえて、森・小泉・安倍へと続く「森派支配」を確立したいということなのだろう。

しかし、田中角栄が築きあげた「田中派支配」とは異なり、
「森派支配」にはあきらかな弱点が存在する。
旧田中派は、「カネ」という強固な接着剤で議員同士を運命共同体のように結びつけいていたのに対して、森派は「トップのカリスマ」という移ろいやすいリソースに依存している。

果たして、2年後も安倍氏のカリスマ性は衰えていないのだろうか?
前出の記事が指摘しているように、2年後、もし古賀誠元幹事長が野田聖子元郵政相の擁立に走ったらどうなるか。
野田総裁=初の女性首相の誕生というシナリオは、将来、自民党が民主党にとことんまで押されたとき、最後にとりうる「大逆転カード」である。
なにが起きるか、わからない。
[PR]
# by priestk | 2004-09-23 23:39 | 政局・選挙
山崎拓、復活の時は来たれり
Excite エキサイト : 政治ニュース
古賀潤一郎衆院議員が辞職する見込みが強まっている。
当然、昨年の総選挙で苦杯をなめた、われらが山崎拓元衆議院議員の復活が、俄然現実味を帯びてくる。
小泉首相の右腕であり、憲法改正に執念を燃やす山崎氏が、再び政界の表舞台へ・・・。
かれが今後、政局と週刊誌をにぎわしてくれることを期待したい。
[PR]
# by priestk | 2004-09-23 22:51 | 政局・選挙