日本政治の考察
by priestk
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク集
フォロー中のブログ
日本国財政破綻Safet...
~つれづれ日記~
The GLPC
天声手帳
週刊!Tomorrow'...
社会派ブログ--実はただのグチ
浮世風呂
小言日記
多事論争 neXt
ネットは新聞を殺すのかblog
屋根裏部屋
にぶろぐ@無人店舗
みんなでインテろう!
納得のいく論文が書けるよ...
糸巻きのブログ
ひまじん日記
rnalength ちょ...
人、物、金、情報の移動、...
カテゴリ
全体
政治・政治学書籍
日朝関係論
憲法論
外国人労働者論
天皇論
防災・危機管理論
その他内政・外交
政局・選挙
雑談
プロフィール・連絡先
未分類
最新のトラックバック
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
submissive a..
from submissive bes..
large drop s..
from large sell 04/04
latex bestbuy
from latex shipped ..
dogsex perso..
from dogsex big gay..
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
buy cheap am..
from buy cheap ambien
hydrocodone
from hydrocodone
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 10月 27日 ( 2 )
日本人人質事件、ふたたび
「テロに屈しない」と首相、拉致されたのは福岡の男性との報道も
Excite エキサイト : 主要ニュース

日本人が、イラクで武装グループに拘束された。
正午すこし前の民放報道によれば、人質となっているのは福岡県出身の24歳の男性。ワーキング・ホリディでニュージーランドに渡っていたはずが、今年7月から家族とも音信不通の状況が続いていたという。その後、ヨルダンのアンマンに滞在していたと見られ、ヨルダン人の知人に「イラクへ行きたい」と洩らしていたとのこと。

人質が本当にこの福岡出身の男性だとすれば、政府と世論の今後の反応に注目せずにはおられない。良くも悪くも、あのときの「自己責任論」ほど、日本と欧米の価値観の相違を際立たせたものはなかった。

ともあれ、今は人質となっている方のご無事を祈りたい。
[PR]
by priestk | 2004-10-27 12:33 | その他内政・外交
マタギ料理を食って考えた
今晩のおかずは、マタギから買ったイワナと鴨の串焼きと、マイタケの味噌汁。両親が福島県に日帰り旅行に行き、お土産に買ってきてくれたものだ。母によれば、車一台がやっと通れる崖沿いの山道を行ったところに、そのマタギの店がある。

ちなみに、僕の職場の同僚には福島出身者と宮城出身者がいるのだが、二人とも「福島にマタギがいるなんて聞いたことがない」と言う。一応、ネットで調べてみたところ、会津地方の只見町などには現在も健在だ。
b0024065_23452557.jpg

イワナと鴨は、最初から軽く燻してある。これを家で焼いて食べるのだ。まず、妻が焼いてくれたイワナをほおばった。ぎゅっと詰まった白身の肉。ほのかに香る燻製のような香り。鮎なんかメじゃないほど、旨い。食べごたえもある。鴨は、なんといっても皮が旨かった。肉は鶏肉と比べて固いが、噛めば噛むほど味が出る。

マタギと同じものを食べていると思うと、なんだか自分までマタギになったような気分になるから不思議だ。いや、僕の発想が単純なだけか。笑

マタギは、東北地方に暮らす、狩猟の民、山の民である。熊など大型獣の集団猟を得意とし、猟に際しては仲間内でのみ通じる独自の言葉を使う。また、農耕民族とちがう山神信仰と、厳格な戒律を持つ。

狩猟の生活。正直いって、経済的には楽ではなさそうだ。最近では、観光客相手の山のガイドとして生計を成り立たせているケースも少なくないと聞く。マタギの高齢化も進んでいる。

市場主義経済の波は、奥羽山脈の山深い集落にまで押し寄せてきている。江戸時代以前から続く、マタギという生き方。失われてしまうのは、そう遠い先ではないだろう。どうにも寂しい話だ。いろいろな生き方があっていい、いろいろな職業があっていい、と僕は思うのだが。
[PR]
by priestk | 2004-10-27 00:39 | 雑談